カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
清らかな水、豊かな自然環境、山間の小さな里山集落で育んだ、きらきら光るコシヒカリ
令和4年度 予約生産 奥播州源流芥田川産こしひかり芥田川 5kg 白米〜分づき 精米にて
3,000円(税込3,240円)
定価 3,300円(税込3,564円)
32 ポイント還元
各オプションの詳細情報
精米のつき具合
購入数

ko050502
令和4年度 予約生産 奥播州源流芥田川産こしひかり芥田川 5kg 白米〜分づき 精米にて
3,000円(税込3,240円)
32 ポイント還元

奥播州源流芥田川産こしひかり芥田川(あくたがわ)

令和4年 秋 9月下旬頃より 順次お届け予定です。

【商品詳細】
名称:精米
産地:兵庫県産(加西市芥田産)
品種:コシヒカリ
産年:令和4年産
使用割合:単一原料米
内容量:玄米重量 5kg (5060g/内袋重量60g)
※精米のつき具合にもよりますが、玄米の重量から約1割程度目減りいたします。
※例)白米精米(約4650g/内袋重量60g)
精米年月日:米袋下部に記載
弊社品質規格:Gセレクション
納期:令和4年 秋 9月下旬より順次お届け予定

清らかな水、豊かな自然環境、山間の小さな里山集落で育んだ、きらきら光るコシヒカリ

兵庫は奥播州 芥田の谷、山間にひっそりたたずむ里山の、小さな村で採れるおいしいお米。
清らかな水、豊かな自然環境、ここは人と自然とが共存する里地里山。
昔から地元農家が自家用で作っていた「保有米」を「芥田川(あくたがわ)ブランド」として解禁!
もともと流通量が少なく、数量限定での販売です。
粒の揃い、炊きあがりの香、風味…
「地元農家の人だけが知る、お米本来の味わい」是非この機会にご賞味ください。

コシヒカリ

云わずと知れたお米のビックブランド「コシヒカリ」
西日本のコシヒカリは、東日本のコシヒカリより 少しあっさりした口当たりになります。
里山農家のおいしいお米では、納得できるお米に仕上げるのに5年の歳月を経て「芥田川ブランド」として商品化にこぎつけました。
粒の大きさ、粒の揃い、炊き上げ時の火の通りの均一感、厳しい規格をクリアした厳選コシヒカリとなっております

農家の「匠」低温精米

里山農家のおいしいお米では、白米や無洗米など、既に精米済みのお米は保有しておらず、常に玄米の状態で保管、
ご注文をいただいてから お客様お一人お一人 ご注文毎にひと袋づつ精米しております。
低温精米機でお米本来の風味を損なわず精米、またお米袋にクラフト紙を採用する事で、精米当日の袋詰め出荷を実現。商品の出荷日の当日もしくは前日の精米にて、精米したての新鮮なお米をお届けさせていただいております。

精米目減りについて

玄米

玄米で食されるお客様は「玄米食精米」もお選びいただけます。
石抜き工程と微細な埃を吸引除去、粒表面に小さな傷をつける事で家庭用炊飯器でもおいしく炊ける様になります。

分づき 精米

分づき精米は、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富なヌカや胚芽を残して精米するので、栄養たっぷりで、玄米より食べやすいお米になります。

白米精米

標準的な白米精米です。まずは白米精米でご賞味ください。

無洗米 精米

粒同士をすり合わせ、剥がれたヌカを大型ファンで吸引。白米精米時より少し長く吸引する事で、無洗米基準(40ppm以下)に仕上げます。

古き良き日本の原風景 〜人と自然の共存する里山〜

兵庫は奥播州 芥田の谷、里山の風景が残る芥田川流域は、一級河川加古川の支流のそのまた支流、源流「芥田川」周辺を開いた場所で、東西北を山に囲まれた全長6キロほどの山間の地域。
戸数は全部で70戸程の小さな集落で、山の傾斜を利用して民家と田畑が段々に重なり、里山の恵みと田畑の農作物など季節折々の自然と共に暮らしています。土地がら旧くからある家は、お互いの名前を氏名ではなく屋号で呼び合ったり…そんな素敵な風習も残る日本のふるさとの風景がここにあります。

そんな「芥田の谷」は、いまだ多くの自然が残っております。ふと辺りの自然に目をやると大人の私でさえもワクワクするような…、何と申しますか童心に還ってしまうのでしょうね、子供の網を取りあげて虫を追いかけてしまう始末。昔の思い出が蘇ってきます。

田舎のバロメーターともいわれる「日本タンポポ」も未だ多く自生。初夏にはせせらぐ道をたくさんのホタルが飛び交う。田んぼの脇でドジョウやサワガニ。川で魚を捕ったり、山に入ってカブトムシやクワガタ捕り…と未だ豊な自然が残っています。
昔から盛りの短いものを旬として何かと人を楽しませてきましたが、そんな季節折々の旬を五感で感じ楽しませてくれる。人と自然とが共存する里山地域です。

作り手の思い、それに答える里山の自然 〜おいしいお米を育む芥田ノ谷〜

ところが、ここでの米づくりは結構大変。 芥田川流域はとても水はけのいい土壌のため、まず田んぼに水を張るのに一苦労。 さらに山間地域のために引く水の水温も低く、その水を使うせいか稲の生育は平地の田んぼよりも遅くなると言います。 東西を山に囲まれているため、平均日照時間も少なく、生産量は平地の7割程度とか…。山の傾斜を利用した田んぼは、畦(アゼ)の草刈だけでも、平野の3倍以上の手間ひまを要します。
稲刈り面積より草を刈る面積の方が広い田んぼも少なくありません。 稲作にはとても厳しい環境ゆえに、お米を人一倍の手間と愛情を注ぎながら、代々この地では米づくりが行われてきました。そんな私たちの想いと、それに答えてくれる里山の豊な自然環境から、芥田の谷では昔から「おいしいお米」がとれるのです。

田んぼによっては、畔の高さも6mに達します。稲の害虫の発生を抑制するためにも、こまめな畔の草刈りは必要不可欠!
また内陸の中山間地域に位置する芥田の谷、この土地特有の朝晩の寒暖差も「おいしいお米」にひと役かっています。

清らかな水は お米づくりにも活かされています

芥田川は源流にダムが無く、周辺の山々から染み出た水が沢を介して直接田んぼを潤します。ミネラル豊富な水は滋養に富んだ田んぼを育み、田んぼをとりまく豊かな里山の自然環境を形成しています。
清らかな水は、人の生活と共に多種多様な生き物をも育んでくれます。…里地里山は希少生物の宝庫です。

清らかな水 おいしいお米 お取り寄せ

ホタル

ちょうど田植えが終わる頃、私たちを楽しませてくれるのがホタルたちです。
日が暮れると田畔や沢をたくさんのホタルが飛び交います。せせらぐ道を歩くだけで衣服にポツポツ留まってくる…、ほんの数分でこんなにたくさんのホタルを捕まえる事ができるのですから… 素敵だと思いませんか?
いつの頃からホタルは遠くから見物するのが当然のマナーに、少し寂しい気分になるのは私だけでしょうか…、ここでは今も昔と何等変わりありません。清らかな水と共に昔ながらのふるさとの風景が未だたくさん残っています。

ホウネンエビ

江戸時代には「豊年魚」「豊年虫」と呼ばれ、水田に現れた年は豊作になると喜ばれたそうな…。
そんな「ホウネンエビ」ひと昔前はどの田んぼでも観られた生き物のようです。
近年では農薬の多量散布や農地転用 休耕田化などが原因で、年々姿を消しているのが現状です。
実は非常に水質や環境の変化に敏感な生き物なんですね。
昔から「ホウネンエビ」は豊かな水田環境のバロメーター的存在でもあるようです。


里山でのお米づくり… 見えない土中にこそ情熱と愛情を!

ちなみに稲刈りが終わると、 来年に向けすぐに藁を田んぼの土に鋤き込みます。これは次の田植えをするときに土の栄養になってもらうため。
そして春にかけて、数回にわたって田んぼを耕していきます。 醗酵させた牛糞を撒いたり、時には雑草を緑肥として有機物を土中に鋤き込み土中に循環してやる、雑草は酵素となり土中で好気性細菌のエサとなる、好気性細菌が増える事で元気な田んぼに!田んぼが元気になると自然と採れるお米もおいしくなります。
また、冬の間、朝晩の氷点下の寒気に土をまんべんなく さらす事で、雑草の根塊や種子、害虫の卵を凍結〜乾燥を繰りかえす事で死滅させる効果もあるんですよ。
一見、お米づくりは地表の見える部分だけに目が行きがちですが、それ以上に土の中でもいろんなドラマを経て実りの秋につながります。
「里山農家のおいしいお米」は、その見えない部分にどれだけ愛情と情熱を注げるか…、除草剤や化学肥料に頼りっきりになるのではなく、人の手で里山の自然資源を循環させ環境を整え活かしてあげる。その結果「おいしいお米」として自然から恩恵を頂けるのだと考えます。

株間にこだわりを…、植える方向は風土の智恵を…。

地域によって田植ほ方法も異なりますが、昔からこの辺りでは、3〜4本植えの株間17cm、1坪平均70株植えが主流で、収穫量も一番多くなるようです。 ところが里山農家のおいしいお米では、収獲量よりもひと粒ひと粒の「質」へのこだわりから。苗の株と株の間を30cm、1坪辺り2〜3本植えの約34株で田植えを行います。 株間を広げる事で、根本まで日光が当たりやすく、根本から葉先まで全体で光合成!風通しが良くなり、病気にもなりにくくなる、健康な株に育ちます。 土地柄、日中は南風、日が暮れると北風と、必ず南北の方向に風が吹きます。苗の植える方向を風の向きに合わせて南北に植える事で、風通しもよくなり、台風など強風でも倒伏しにくくなります。
「おいしいお米」もまずは健康な株作りから…、少ないながらも穂のひと粒ひと粒にしっかりと栄養が行き渡ります。

昔から一般市場に出回る事がなかったお米

「清流きぬひかり芥田川」は私達農家が自分たちが食べるため、自家消費するためだけに作っているたお米(保有米)です。 芥田の集落は全戸農家の規模が小さいので、昔からどこの家も自分たちが食べる分だけを作ってきました。
余った分は収穫と同時に全量を出荷してしまいます、出荷してしまうと、どうしても他の地域のお米と混ざってしまうので、純芥田産のお米は昔から一般市場にはいっさい出回らなかった、地元農家の人だけが食べていたお米なんです。
「里山農家のおいしいお米」では、芥田の谷でとれたお米の中でも、選別網LL規格(1.90mm)以上のお米だけを「清流きぬひかり芥田川」として皆さまにお届けしています。
混ざりのない収獲したまんまのお米、地元の農家の人だけが知っているお米の本来のおいしさ…、ぜひ皆様にも知っていただければと思います。

お米づくりにまごころを添えて

米作りについて『八十八と書いて「米」という字になるように88の手間ひまがかる…。』なんてよく耳にしますよね? でも芥田谷の農家は声をそろえてこう言います。
「米作りの労力と手間を考えると…、農家自身も作るより買った方が格段に安い。」
まさにその通りで、一枚一枚の田んぼが小さく生産性の悪い芥田谷では、ほとんどの農家が赤字でお米を生産、これが芥田谷の農家の素直な声でございます。だから専業で生計を立てている農家は芥田谷には一軒もありません。
でも、こんな時代だからこそ家族が口にする食べ物は自分たちで作る。兼業農家だからこそ、生産性よりも質、安全で安心して食べれる物にこだわれるのだと思っています。
愛する家族が毎日食べる物だから…、小さな子供やお年寄りが毎日食べる物だから…、元気に育ってほしい…、長生きしてほしい…。だからこそ安全で安心して食べられる物を…。そんな願いだけで作っています。
そんな「まごころ」のこもった里山農家のおいしいお米「清流きぬひかり芥田川」、きっと皆様にも喜んで頂けると思っております。


この商品を購入する